NewsLetter

2021年12月のニュースレター

2021年の終わりが近づいているので、今年のエスプレッシフの主な成果を振り返っています。まず、2.4 GHzWi-FiとBluetooth5(LE)、強力なAIアクセラレータ、信頼性の高いセキュリティ機能を備えたAI対応のSoCシリーズであるESP32-S3に始まり、続いてエスプレッシフ初の低電力で費用効果の高いWi-Fi 6 + Bluetooth 5(LE)SoCであるESP32-C6を発売しました。これは、安全に接続されたデバイス向けの32ビットRISC-Vコアを備えています。次に、人間と機械の相互作用のために特別に設計されたESP32-S2-HMI-DevKit-1が2021年4月に発売されました。2021年7月リリースの、AmazonAlexa組み込みデバイス向けの「フロントエンドソリューション」「ソフトウェアオーディオ」として認定されたエスプレッシフのオーディオフロントエンドアルゴリズムを特に誇りに思います。 8月には、IEEE802.15.4およびBluetooth5(LE)接続を備えたESP32-H2を発表しました。これは、「Thread認定コンポーネント」および「Zigbee準拠プラットフォーム」として正式に認められました。

今月のトピックは次の通りです。詳細はお問い合わせください。
(本ニュースレターは、エスプレッシフ社ニュースレター2021年12月より抜粋した内容を掲載しています。)


エスプレッシフの一連のブログ投稿について

 

 

 

 

 

エスプレッシフのエンジニアは、さまざまな側面について説明する一連のブログ投稿をまとめました。


エスプレッシフのワイヤレス通信プロトコル

 

 

 

 

 

ESP-NOWは、Espressifによって定義されたデータリンク層に基づくワイヤレス通信プロトコルです。それがもたらす大きな違いは、 ESP-NOWがOSIモデルの5つのレイヤーを1つだけに減らすことです。


小さなESP32ベースの任天堂をテーマにしたクリスマスオーナメント

 

 

 

 

 

最近のハッカーは 、クリスマスツリーの小さなスイッチオーナメントやESP32を使用したGIFの再生など、ほとんど何でも作成できます。


 

TOPICA